2糖組成
 当社のナチュラルプロテオグリカンの2糖組成を分析した結果を下記にまとめました。

プロテオグリカン2糖組成分析
分子量
120万〜130万ダルトンです。
規格書及びMSDSでは100万〜150万ダルトンとしています。
構造模式図
プロテオグリカン構造模式図
構造式
プロテオグリカン構造式
活性部位
G1 ドメイン
リンクプロテインと共にヒアルロン酸と結合する領域
G2 ドメイン
機能不明
G3 ドメイン
上皮細胞増殖因子(EGF)様サブドメイン
EGFは加齢に伴い減少することが知られています。またEGFの本来の機能は上皮細胞の増殖でありますが、プロテオグリカンの一部を構成して機能するときは、上皮細胞の足場となって、その遊走を促進させ、創傷治癒効果を発揮させているものと考えられています。
さらに、EGFは、ヒアルロン酸の産生促進、コラーゲンの分解促進、コラーゲン合成阻害等の作用を持っていることが知られています。
ナチュラルプロテオグリカンには、この様に非常に重要な機能を有しているEGFと同様の機能を持つ領域が存在します。
ヒアルロン酸は生体の癒着を防止します。すでに癒着防止剤として医療の現場でも使用されています。一方、プロテオグリカンは癒着を促進します。プロテオグリカンのEGF様機能によるものと思われます。
C型レクチン様サブドメイン
レクチンは、糖結合性タンパク質で、動植物の細胞を凝集させ、多糖類や複合糖質を沈降させる作用を有していますが、それと同じ様な機能を持つ領域が存在します。生体内では、細胞表面の糖タンパク質の糖鎖を認識しているものと思われます。
補体制御タンパク質(CRP)様サブドメイン
補体制御タンパク質は、制御因子とも呼ばれますが、血液制御タンパク質と細胞膜制御タンパク質の2群に分けられます。血液制御タンパク質は、血液中の補体の安定化を担っています。また細胞膜制御タンパク質は、自己細胞表面での補体活性化を制御していることが知られています。ナチュラルプロテオグリカンには、この補体制御タンパク質と同様の機能を有する領域が存在します。主として、自己細胞表面における補体活性化を制御しているものと思われます。
糖鎖結合ドメイン
糖鎖は、グリコサミノグリカンに先立って、4糖からなる結合部位を有しています。一般的にこの結合部位はコアタンパク質の「セリン」または「トレオニン」に特異的に結合しますが、ナチュラルプロテオグリカンの場合はセリンに結合しています。
コンドロイチン硫酸鎖の機能
 コンドロイチン硫酸鎖(グリコサミノグリカン)は以前から医薬品としても使用されているものです。多くの文献が発表されています。興味のある方はそれらを参照されることをお薦めします。
 ここでは、機能性食品素材便覧(薬事日報社刊)に記載されている内容中、医薬品としての情報欄のみを参考までに掲載します。医薬品としての情報